くるみなの木遊館

くるみなの木遊館は、障がい者の就労の場と木育を推進する拠点施設を目的とし、当麻町の指定管理を受けて平成28年5月にオープンしました。

目的

  • 障がい者の就労の場所を作ること
  • 木育教育を推進すること
  • 高度な木工製品を制作すること
  • 木工の専門技術者を招請し、木製品の開発と教育

木遊館にある家具・遊具

くるみなの木遊館の作業台、テーブルなどの家具や遊具については、かたるべの森の作業班と民間事業者との共同で製作しました。また、玩具はかたるべの森で製作した製品と旭川の福祉事業所の製品も用意しました。

木製品の注文について

木育広場の玩具類を販売しています。玩具以外の木工製品の製作についても承っております。

  • テーブルや書籍類の木工家具製品
  • 保育所や幼稚園に設置する遊具の製作
  • 木工製品による記念品等の製作
  • その他、一般的な木工製品の製作

木工体験教室の開催について

年間10回ほど、地域の子どもたちや高齢者を対象に木工教室を開催します。また、町民から木工教室の開催の要望があれば、極力ご希望に応えたいと思いますので、ご相談ください。この場合、費用については経費のご負担をいただきたいと思います。

木工技術研修の受け入れについて

専門の技術者による短期、長期の木工の技術研修生を受け入れます。期間については相談に応じます。宿泊が必要な研修生には、木遊館の研修室を利用することが出来ます。経費については実費程度いただきます。

日本財団の研究費の助成により、木製遊具を作成しました

日本財団の平成28年度研究費の助成にて、障がい児に対応した大型木製遊具の製作をいたしました。

木製遊具 ウッドカー

ハンドルを回すと、実車のように前輪が動きます。市販のカーナビやオーディオを取り付けることも可能です。

木製遊具 ままごとハウス

車いすの高さに合わせた、キッチンや椅子などのままごとハウスで使う多彩な木製オプションが付いています。パネルやフレームはユニット化しており、ジョイントボルトで結合することで自由な空間が作れます。

木製遊具 ジャングルジム

ベースは基本ユニットをジョイントボルトでつないだジャングルジム。お好みに合わせてユニットや滑り台、天板を取り付けることが可能な仕様です。

基本ユニット: 予価30,000円
階段ユニット: 30,000円
天板: 5,000円
すべり台: 100,000円
※価格は変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

施設名称
くるみなの木遊館
住所

〒078-1306 当麻町6条西4丁目

電話番号
0166-84-2882
開館時間
10:00~17:00
休館日
年末年始(12月29日~1月5日)
利用料金
無料

ご利用にあたってのお願い

アンケートのご記入のご協力をお願いしています。利用されるお子さま・ご家族にとって使いやすい運営にしていきたいと思っております。運営に対するご意見や遊具の整備などについてご意見を聞かせていただきたいと思います。

学齢前のお子さまは基本的に保護者同伴となっております。利用中のトラブルやケガ・事故については責任を負いかねますので、ご理解の上安全に留意され、楽しくご利用ください。

食事等食べ物の持ち込みについては、衛生上の問題もありますのでご遠慮ください。飲み物については指定の場所をご利用ください。
木育広場内に用意しているコーヒーを利用することが出来ます。利用された場合は、運営資金のためのカンパとしての志をお願いしていますので、ご協力いただければ幸いです。

お問い合わせ
メニュー

2017年12月26日

12月16日 かたるべクリスマス会を開催しました。

お知らせ・新着情報

お知らせ
平成30年度 木工福祉研修生の求人情報を更新しました。
2017年12月26日
お知らせ
12月 かたるべの森美術館の営業日(土、日、祝)は、9(土)、24(日)になります。 
2017年12月4日
お知らせ
2017年 かたるべクリスマス会のご案内を追加しました。
2017年12月4日
お知らせ
採用情報の締め切り期間について更新しました。
2017年7月6日
お知らせ
採用情報を更新しました。
2017年2月9日